Getting Started with AWS for Games – Part II (Japanese) (Sub) 日本語字幕版

コースの説明 このコースは、AWS クラウドでゲームをホストするための原則とベストプラクティスを、ゲームデベロッパーに紹介することを目的としています。コースは 2 つのパートに分かれています。パート 2 では、ゲームバックエンドについて、クラウドでのゲームバックエンドの仕組みを学習します。AWS クラウドでゲームバックエンドを設計することの利点、課題、考慮すべき点を特定します。ゲームバックエンドのアーキテクチャ例を確認して、各コンポーネントで利用できる AWS サービスを特定します。ゲーム分析パイプラインソリューションを確認して、ゲーム開発における分析の利点を学びます。その後、ゲームのモニタリングと可観測性のためのツールについて学びます。最後に、ゲームのインフラストラクチャコストを管理する 3 つのツールを特定します。 • コースレベル: 基礎 • 所要時間: 30 分 アクティビティ このコースには、ビデオ、練習演習、ナレッジチェック、最終評価が含まれます。 コースの目標 このコースでは、以下の内容を学習します。 • ゲームバックエンドと分析のクラウドアーキテクチャのソリューションパターンを認識する。 • ゲームのバックエンドコンポーネントと分析に関する設計上の考慮事項を特定し、特定のユースケースに最適な AWS サービスを決定する。 • ゲームのモニタリングと可観測性のための AWS サービスを確認する。 • ゲームのインフラストラクチャコストの予算を策定して予測するための 3 つの AWS コスト管理ツールを特定する。 • 追加情報、ツール、リソースを特定する。 コースの対象者 このコースは次のようなゲーム構築担当者を対象としています。 • ゲームデザイナー • ゲームデベロッパー • ゲームプロデューサー • ゲームアーティスト • ゲーム管理者 前提条件 このコースを受講するにあたって、以下の前提条件を満たしておくことをお勧めします。 • Getting Started with AWS for Games – Part I」コースを修了する • クラウドコンピューティングに関する基礎知識があり、AWS Cloud Practitioner Essentials コースまたは AWS Technical Essentials コースの修了時と同等の知識がある • ゲームの開発と運用のための原則を熟知している コースの概要 レッスン 1~2: コースの概要 • このコースの使用方法 • はじめに レッスン 3~5: ゲームのコンポーネント • クラウド上のゲームバックエンド • ゲームバックエンドのコンポーネント • ゲーム分析 レッスン 6~8: ゲームのモニタリングとコスト管理 • モニタリングと可観測性 • ゲームのインフラストラクチャコストの管理 • 演習シナリオ レッスン 9~11: 次のステップ • まとめ • 次のステップ • コースの認定テスト

Getting Started with AWS for Games – Part II (Japanese) (Sub) 日本語字幕版

コースの説明 このコースは、AWS クラウドでゲームをホストするための原則とベストプラクティスを、ゲームデベロッパーに紹介することを目的としています。コースは 2 つのパートに分かれています。パート 2 では、ゲームバックエンドについて、クラウドでのゲームバックエンドの仕組みを学習します。AWS クラウドでゲームバックエンドを設計することの利点、課題、考慮すべき点を特定します。ゲームバックエンドのアーキテクチャ例を確認して、各コンポーネントで利用できる AWS サービスを特定します。ゲーム分析パイプラインソリューションを確認して、ゲーム開発における分析の利点を学びます。その後、ゲームのモニタリングと可観測性のためのツールについて学びます。最後に、ゲームのインフラストラクチャコストを管理する 3 つのツールを特定します。 • コースレベル: 基礎 • 所要時間: 30 分 アクティビティ このコースには、ビデオ、練習演習、ナレッジチェック、最終評価が含まれます。 コースの目標 このコースでは、以下の内容を学習します。 • ゲームバックエンドと分析のクラウドアーキテクチャのソリューションパターンを認識する。 • ゲームのバックエンドコンポーネントと分析に関する設計上の考慮事項を特定し、特定のユースケースに最適な AWS サービスを決定する。 • ゲームのモニタリングと可観測性のための AWS サービスを確認する。 • ゲームのインフラストラクチャコストの予算を策定して予測するための 3 つの AWS コスト管理ツールを特定する。 • 追加情報、ツール、リソースを特定する。 コースの対象者 このコースは次のようなゲーム構築担当者を対象としています。 • ゲームデザイナー • ゲームデベロッパー • ゲームプロデューサー • ゲームアーティスト • ゲーム管理者 前提条件 このコースを受講するにあたって、以下の前提条件を満たしておくことをお勧めします。 • Getting Started with AWS for Games – Part I」コースを修了する • クラウドコンピューティングに関する基礎知識があり、AWS Cloud Practitioner Essentials コースまたは AWS Technical Essentials コースの修了時と同等の知識がある • ゲームの開発と運用のための原則を熟知している コースの概要 レッスン 1~2: コースの概要 • このコースの使用方法 • はじめに レッスン 3~5: ゲームのコンポーネント • クラウド上のゲームバックエンド • ゲームバックエンドのコンポーネント • ゲーム分析 レッスン 6~8: ゲームのモニタリングとコスト管理 • モニタリングと可観測性 • ゲームのインフラストラクチャコストの管理 • 演習シナリオ レッスン 9~11: 次のステップ • まとめ • 次のステップ • コースの認定テスト

Getting Started with AWS for Games – Part II (Japanese) (Sub) 日本語字幕版

コースの説明 このコースは、AWS クラウドでゲームをホストするための原則とベストプラクティスを、ゲームデベロッパーに紹介することを目的としています。コースは 2 つのパートに分かれています。パート 2 では、ゲームバックエンドについて、クラウドでのゲームバックエンドの仕組みを学習します。AWS クラウドでゲームバックエンドを設計することの利点、課題、考慮すべき点を特定します。ゲームバックエンドのアーキテクチャ例を確認して、各コンポーネントで利用できる AWS サービスを特定します。ゲーム分析パイプラインソリューションを確認して、ゲーム開発における分析の利点を学びます。その後、ゲームのモニタリングと可観測性のためのツールについて学びます。最後に、ゲームのインフラストラクチャコストを管理する 3 つのツールを特定します。 • コースレベル: 基礎 • 所要時間: 30 分 アクティビティ このコースには、ビデオ、練習演習、ナレッジチェック、最終評価が含まれます。 コースの目標 このコースでは、以下の内容を学習します。 • ゲームバックエンドと分析のクラウドアーキテクチャのソリューションパターンを認識する。 • ゲームのバックエンドコンポーネントと分析に関する設計上の考慮事項を特定し、特定のユースケースに最適な AWS サービスを決定する。 • ゲームのモニタリングと可観測性のための AWS サービスを確認する。 • ゲームのインフラストラクチャコストの予算を策定して予測するための 3 つの AWS コスト管理ツールを特定する。 • 追加情報、ツール、リソースを特定する。 コースの対象者 このコースは次のようなゲーム構築担当者を対象としています。 • ゲームデザイナー • ゲームデベロッパー • ゲームプロデューサー • ゲームアーティスト • ゲーム管理者 前提条件 このコースを受講するにあたって、以下の前提条件を満たしておくことをお勧めします。 • Getting Started with AWS for Games – Part I」コースを修了する • クラウドコンピューティングに関する基礎知識があり、AWS Cloud Practitioner Essentials コースまたは AWS Technical Essentials コースの修了時と同等の知識がある • ゲームの開発と運用のための原則を熟知している コースの概要 レッスン 1~2: コースの概要 • このコースの使用方法 • はじめに レッスン 3~5: ゲームのコンポーネント • クラウド上のゲームバックエンド • ゲームバックエンドのコンポーネント • ゲーム分析 レッスン 6~8: ゲームのモニタリングとコスト管理 • モニタリングと可観測性 • ゲームのインフラストラクチャコストの管理 • 演習シナリオ レッスン 9~11: 次のステップ • まとめ • 次のステップ • コースの認定テスト

Getting Started with AWS for Games – Part II (Japanese) (Sub) 日本語字幕版

コースの説明 このコースは、AWS クラウドでゲームをホストするための原則とベストプラクティスを、ゲームデベロッパーに紹介することを目的としています。コースは 2 つのパートに分かれています。パート 2 では、ゲームバックエンドについて、クラウドでのゲームバックエンドの仕組みを学習します。AWS クラウドでゲームバックエンドを設計することの利点、課題、考慮すべき点を特定します。ゲームバックエンドのアーキテクチャ例を確認して、各コンポーネントで利用できる AWS サービスを特定します。ゲーム分析パイプラインソリューションを確認して、ゲーム開発における分析の利点を学びます。その後、ゲームのモニタリングと可観測性のためのツールについて学びます。最後に、ゲームのインフラストラクチャコストを管理する 3 つのツールを特定します。 • コースレベル: 基礎 • 所要時間: 30 分 アクティビティ このコースには、ビデオ、練習演習、ナレッジチェック、最終評価が含まれます。 コースの目標 このコースでは、以下の内容を学習します。 • ゲームバックエンドと分析のクラウドアーキテクチャのソリューションパターンを認識する。 • ゲームのバックエンドコンポーネントと分析に関する設計上の考慮事項を特定し、特定のユースケースに最適な AWS サービスを決定する。 • ゲームのモニタリングと可観測性のための AWS サービスを確認する。 • ゲームのインフラストラクチャコストの予算を策定して予測するための 3 つの AWS コスト管理ツールを特定する。 • 追加情報、ツール、リソースを特定する。 コースの対象者 このコースは次のようなゲーム構築担当者を対象としています。 • ゲームデザイナー • ゲームデベロッパー • ゲームプロデューサー • ゲームアーティスト • ゲーム管理者 前提条件 このコースを受講するにあたって、以下の前提条件を満たしておくことをお勧めします。 • Getting Started with AWS for Games – Part I」コースを修了する • クラウドコンピューティングに関する基礎知識があり、AWS Cloud Practitioner Essentials コースまたは AWS Technical Essentials コースの修了時と同等の知識がある • ゲームの開発と運用のための原則を熟知している コースの概要 レッスン 1~2: コースの概要 • このコースの使用方法 • はじめに レッスン 3~5: ゲームのコンポーネント • クラウド上のゲームバックエンド • ゲームバックエンドのコンポーネント • ゲーム分析 レッスン 6~8: ゲームのモニタリングとコスト管理 • モニタリングと可観測性 • ゲームのインフラストラクチャコストの管理 • 演習シナリオ レッスン 9~11: 次のステップ • まとめ • 次のステップ • コースの認定テスト

Getting Started with AWS for Games – Part II (Japanese) (Sub) 日本語字幕版

コースの説明 このコースは、AWS クラウドでゲームをホストするための原則とベストプラクティスを、ゲームデベロッパーに紹介することを目的としています。コースは 2 つのパートに分かれています。パート 2 では、ゲームバックエンドについて、クラウドでのゲームバックエンドの仕組みを学習します。AWS クラウドでゲームバックエンドを設計することの利点、課題、考慮すべき点を特定します。ゲームバックエンドのアーキテクチャ例を確認して、各コンポーネントで利用できる AWS サービスを特定します。ゲーム分析パイプラインソリューションを確認して、ゲーム開発における分析の利点を学びます。その後、ゲームのモニタリングと可観測性のためのツールについて学びます。最後に、ゲームのインフラストラクチャコストを管理する 3 つのツールを特定します。 • コースレベル: 基礎 • 所要時間: 30 分 アクティビティ このコースには、ビデオ、練習演習、ナレッジチェック、最終評価が含まれます。 コースの目標 このコースでは、以下の内容を学習します。 • ゲームバックエンドと分析のクラウドアーキテクチャのソリューションパターンを認識する。 • ゲームのバックエンドコンポーネントと分析に関する設計上の考慮事項を特定し、特定のユースケースに最適な AWS サービスを決定する。 • ゲームのモニタリングと可観測性のための AWS サービスを確認する。 • ゲームのインフラストラクチャコストの予算を策定して予測するための 3 つの AWS コスト管理ツールを特定する。 • 追加情報、ツール、リソースを特定する。 コースの対象者 このコースは次のようなゲーム構築担当者を対象としています。 • ゲームデザイナー • ゲームデベロッパー • ゲームプロデューサー • ゲームアーティスト • ゲーム管理者 前提条件 このコースを受講するにあたって、以下の前提条件を満たしておくことをお勧めします。 • Getting Started with AWS for Games – Part I」コースを修了する • クラウドコンピューティングに関する基礎知識があり、AWS Cloud Practitioner Essentials コースまたは AWS Technical Essentials コースの修了時と同等の知識がある • ゲームの開発と運用のための原則を熟知している コースの概要 レッスン 1~2: コースの概要 • このコースの使用方法 • はじめに レッスン 3~5: ゲームのコンポーネント • クラウド上のゲームバックエンド • ゲームバックエンドのコンポーネント • ゲーム分析 レッスン 6~8: ゲームのモニタリングとコスト管理 • モニタリングと可観測性 • ゲームのインフラストラクチャコストの管理 • 演習シナリオ レッスン 9~11: 次のステップ • まとめ • 次のステップ • コースの認定テスト

Getting Started with AWS for Games – Part II (Japanese) (Sub) 日本語字幕版

コースの説明 このコースは、AWS クラウドでゲームをホストするための原則とベストプラクティスを、ゲームデベロッパーに紹介することを目的としています。コースは 2 つのパートに分かれています。パート 2 では、ゲームバックエンドについて、クラウドでのゲームバックエンドの仕組みを学習します。AWS クラウドでゲームバックエンドを設計することの利点、課題、考慮すべき点を特定します。ゲームバックエンドのアーキテクチャ例を確認して、各コンポーネントで利用できる AWS サービスを特定します。ゲーム分析パイプラインソリューションを確認して、ゲーム開発における分析の利点を学びます。その後、ゲームのモニタリングと可観測性のためのツールについて学びます。最後に、ゲームのインフラストラクチャコストを管理する 3 つのツールを特定します。 • コースレベル: 基礎 • 所要時間: 30 分 アクティビティ このコースには、ビデオ、練習演習、ナレッジチェック、最終評価が含まれます。 コースの目標 このコースでは、以下の内容を学習します。 • ゲームバックエンドと分析のクラウドアーキテクチャのソリューションパターンを認識する。 • ゲームのバックエンドコンポーネントと分析に関する設計上の考慮事項を特定し、特定のユースケースに最適な AWS サービスを決定する。 • ゲームのモニタリングと可観測性のための AWS サービスを確認する。 • ゲームのインフラストラクチャコストの予算を策定して予測するための 3 つの AWS コスト管理ツールを特定する。 • 追加情報、ツール、リソースを特定する。 コースの対象者 このコースは次のようなゲーム構築担当者を対象としています。 • ゲームデザイナー • ゲームデベロッパー • ゲームプロデューサー • ゲームアーティスト • ゲーム管理者 前提条件 このコースを受講するにあたって、以下の前提条件を満たしておくことをお勧めします。 • Getting Started with AWS for Games – Part I」コースを修了する • クラウドコンピューティングに関する基礎知識があり、AWS Cloud Practitioner Essentials コースまたは AWS Technical Essentials コースの修了時と同等の知識がある • ゲームの開発と運用のための原則を熟知している コースの概要 レッスン 1~2: コースの概要 • このコースの使用方法 • はじめに レッスン 3~5: ゲームのコンポーネント • クラウド上のゲームバックエンド • ゲームバックエンドのコンポーネント • ゲーム分析 レッスン 6~8: ゲームのモニタリングとコスト管理 • モニタリングと可観測性 • ゲームのインフラストラクチャコストの管理 • 演習シナリオ レッスン 9~11: 次のステップ • まとめ • 次のステップ • コースの認定テスト

Getting Started with AWS for Games – Part II (Japanese) (Sub) 日本語字幕版

コースの説明 このコースは、AWS クラウドでゲームをホストするための原則とベストプラクティスを、ゲームデベロッパーに紹介することを目的としています。コースは 2 つのパートに分かれています。パート 2 では、ゲームバックエンドについて、クラウドでのゲームバックエンドの仕組みを学習します。AWS クラウドでゲームバックエンドを設計することの利点、課題、考慮すべき点を特定します。ゲームバックエンドのアーキテクチャ例を確認して、各コンポーネントで利用できる AWS サービスを特定します。ゲーム分析パイプラインソリューションを確認して、ゲーム開発における分析の利点を学びます。その後、ゲームのモニタリングと可観測性のためのツールについて学びます。最後に、ゲームのインフラストラクチャコストを管理する 3 つのツールを特定します。 • コースレベル: 基礎 • 所要時間: 30 分 アクティビティ このコースには、ビデオ、練習演習、ナレッジチェック、最終評価が含まれます。 コースの目標 このコースでは、以下の内容を学習します。 • ゲームバックエンドと分析のクラウドアーキテクチャのソリューションパターンを認識する。 • ゲームのバックエンドコンポーネントと分析に関する設計上の考慮事項を特定し、特定のユースケースに最適な AWS サービスを決定する。 • ゲームのモニタリングと可観測性のための AWS サービスを確認する。 • ゲームのインフラストラクチャコストの予算を策定して予測するための 3 つの AWS コスト管理ツールを特定する。 • 追加情報、ツール、リソースを特定する。 コースの対象者 このコースは次のようなゲーム構築担当者を対象としています。 • ゲームデザイナー • ゲームデベロッパー • ゲームプロデューサー • ゲームアーティスト • ゲーム管理者 前提条件 このコースを受講するにあたって、以下の前提条件を満たしておくことをお勧めします。 • Getting Started with AWS for Games – Part I」コースを修了する • クラウドコンピューティングに関する基礎知識があり、AWS Cloud Practitioner Essentials コースまたは AWS Technical Essentials コースの修了時と同等の知識がある • ゲームの開発と運用のための原則を熟知している コースの概要 レッスン 1~2: コースの概要 • このコースの使用方法 • はじめに レッスン 3~5: ゲームのコンポーネント • クラウド上のゲームバックエンド • ゲームバックエンドのコンポーネント • ゲーム分析 レッスン 6~8: ゲームのモニタリングとコスト管理 • モニタリングと可観測性 • ゲームのインフラストラクチャコストの管理 • 演習シナリオ レッスン 9~11: 次のステップ • まとめ • 次のステップ • コースの認定テスト

Getting Started with AWS for Games – Part II (Japanese) (Sub) 日本語字幕版

コースの説明 このコースは、AWS クラウドでゲームをホストするための原則とベストプラクティスを、ゲームデベロッパーに紹介することを目的としています。コースは 2 つのパートに分かれています。パート 2 では、ゲームバックエンドについて、クラウドでのゲームバックエンドの仕組みを学習します。AWS クラウドでゲームバックエンドを設計することの利点、課題、考慮すべき点を特定します。ゲームバックエンドのアーキテクチャ例を確認して、各コンポーネントで利用できる AWS サービスを特定します。ゲーム分析パイプラインソリューションを確認して、ゲーム開発における分析の利点を学びます。その後、ゲームのモニタリングと可観測性のためのツールについて学びます。最後に、ゲームのインフラストラクチャコストを管理する 3 つのツールを特定します。 • コースレベル: 基礎 • 所要時間: 30 分 アクティビティ このコースには、ビデオ、練習演習、ナレッジチェック、最終評価が含まれます。 コースの目標 このコースでは、以下の内容を学習します。 • ゲームバックエンドと分析のクラウドアーキテクチャのソリューションパターンを認識する。 • ゲームのバックエンドコンポーネントと分析に関する設計上の考慮事項を特定し、特定のユースケースに最適な AWS サービスを決定する。 • ゲームのモニタリングと可観測性のための AWS サービスを確認する。 • ゲームのインフラストラクチャコストの予算を策定して予測するための 3 つの AWS コスト管理ツールを特定する。 • 追加情報、ツール、リソースを特定する。 コースの対象者 このコースは次のようなゲーム構築担当者を対象としています。 • ゲームデザイナー • ゲームデベロッパー • ゲームプロデューサー • ゲームアーティスト • ゲーム管理者 前提条件 このコースを受講するにあたって、以下の前提条件を満たしておくことをお勧めします。 • Getting Started with AWS for Games – Part I」コースを修了する • クラウドコンピューティングに関する基礎知識があり、AWS Cloud Practitioner Essentials コースまたは AWS Technical Essentials コースの修了時と同等の知識がある • ゲームの開発と運用のための原則を熟知している コースの概要 レッスン 1~2: コースの概要 • このコースの使用方法 • はじめに レッスン 3~5: ゲームのコンポーネント • クラウド上のゲームバックエンド • ゲームバックエンドのコンポーネント • ゲーム分析 レッスン 6~8: ゲームのモニタリングとコスト管理 • モニタリングと可観測性 • ゲームのインフラストラクチャコストの管理 • 演習シナリオ レッスン 9~11: 次のステップ • まとめ • 次のステップ • コースの認定テスト

Amazon FSx for NetApp ONTAP Primer (Japanese) (Sub) 日本語字幕版

Amazon FSx for NetApp ONTAP は、Amazon Web Services (AWS) クラウド内で、ONTAP の一般的な機能、データアクセスオプション、管理性能を備えたフルマネージド型共有ストレージを提供します。 このコースでは、FSx for ONTAP の機能、利点、一般的なユースケースについて学習します。また、FSx for ONTAP ストレージをデプロイする方法を学び、FSx for ONTAP で利用可能な価格、管理、 モニタリングのオプションについても学びます。 • コースレベル: 中級 • 所要時間: 1 時間 15 分 アクティビティ このコースには、対話型レッスン、デモンストレーション、ナレッジチェックの問題が含まれます。 コースの目標 このコースでは、次の内容を扱います。 • FSx for ONTAP を他の AWS ストレージ製品と差別化する利点と特徴を挙げる。 • FSx for ONTAP のユースケースを特定する。 • FSx for ONTAP デプロイの論理コンポーネントを特定する。 • FSx for ONTAP ストレージを作成する際のセキュリティ関連のオプションを示す。 • FSx for ONTAP のファイルシステム、ストレージ仮想マシン (SVM)、ボリュームを作成する。 • FSx for ONTAP の価格モデルを説明する。 • FSx for ONTAP にデータを移行する際のオプションを示す。 • FSx for ONTAP ストレージで収集された主要メトリクスを確認し、検証する。 コースの対象者 このコースは以下のような方を対象としています。 • クラウドアーキテクト • ストレージ・クラウドオペレーション管理者 前提条件 このコースを受講するにあたり、次の前提条件を満たしておくことをお勧めします。 • AWS とクラウドコンピューティングに関する一般的な知識 • Getting Started with AWS Storage」を修了する   コースの概要 セクション 1: 概要 • レッスン 1: このコースの受講方法 • レッスン 2: コースの概要 セクション 2: FSx for ONTAP 入門 • レッスン 3: FSx for ONTAP 入門 • レッスン 4: NetApp ONTAP の概要 • レッスン 5: FSx for ONTAP の概要 • レッスン 6: FSx for ONTAP: ユースケースとお客様 セクション 3: FSx for ONTAP の計画とデプロイ • レッスン 7: 計画とデプロイの概要 • レッスン 8: FSx for ONTAP デプロイの計画 • レッスン 9: FSx for ONTAP のデプロイ セクション 4: FSX for ONTAP デプロイ後の考慮事項 • レッスン 10: デプロイ後の考慮事項の概要 • レッスン 11: FSx for ONTAP の料金 • レッスン 12: データの移行、管理、モニタリング セクション 5: リソースとフィードバック • レッスン 13 : その他のリソース • レッスン 14 : フィードバック

Amazon FSx for NetApp ONTAP Primer (Japanese) (Sub) 日本語字幕版

Amazon FSx for NetApp ONTAP は、Amazon Web Services (AWS) クラウド内で、ONTAP の一般的な機能、データアクセスオプション、管理性能を備えたフルマネージド型共有ストレージを提供します。 このコースでは、FSx for ONTAP の機能、利点、一般的なユースケースについて学習します。また、FSx for ONTAP ストレージをデプロイする方法を学び、FSx for ONTAP で利用可能な価格、管理、 モニタリングのオプションについても学びます。 • コースレベル: 中級 • 所要時間: 1 時間 15 分 アクティビティ このコースには、対話型レッスン、デモンストレーション、ナレッジチェックの問題が含まれます。 コースの目標 このコースでは、次の内容を扱います。 • FSx for ONTAP を他の AWS ストレージ製品と差別化する利点と特徴を挙げる。 • FSx for ONTAP のユースケースを特定する。 • FSx for ONTAP デプロイの論理コンポーネントを特定する。 • FSx for ONTAP ストレージを作成する際のセキュリティ関連のオプションを示す。 • FSx for ONTAP のファイルシステム、ストレージ仮想マシン (SVM)、ボリュームを作成する。 • FSx for ONTAP の価格モデルを説明する。 • FSx for ONTAP にデータを移行する際のオプションを示す。 • FSx for ONTAP ストレージで収集された主要メトリクスを確認し、検証する。 コースの対象者 このコースは以下のような方を対象としています。 • クラウドアーキテクト • ストレージ・クラウドオペレーション管理者 前提条件 このコースを受講するにあたり、次の前提条件を満たしておくことをお勧めします。 • AWS とクラウドコンピューティングに関する一般的な知識 • Getting Started with AWS Storage」を修了する   コースの概要 セクション 1: 概要 • レッスン 1: このコースの受講方法 • レッスン 2: コースの概要 セクション 2: FSx for ONTAP 入門 • レッスン 3: FSx for ONTAP 入門 • レッスン 4: NetApp ONTAP の概要 • レッスン 5: FSx for ONTAP の概要 • レッスン 6: FSx for ONTAP: ユースケースとお客様 セクション 3: FSx for ONTAP の計画とデプロイ • レッスン 7: 計画とデプロイの概要 • レッスン 8: FSx for ONTAP デプロイの計画 • レッスン 9: FSx for ONTAP のデプロイ セクション 4: FSX for ONTAP デプロイ後の考慮事項 • レッスン 10: デプロイ後の考慮事項の概要 • レッスン 11: FSx for ONTAP の料金 • レッスン 12: データの移行、管理、モニタリング セクション 5: リソースとフィードバック • レッスン 13 : その他のリソース • レッスン 14 : フィードバック

Amazon FSx for NetApp ONTAP Primer (Japanese) (Sub) 日本語字幕版

Amazon FSx for NetApp ONTAP は、Amazon Web Services (AWS) クラウド内で、ONTAP の一般的な機能、データアクセスオプション、管理性能を備えたフルマネージド型共有ストレージを提供します。 このコースでは、FSx for ONTAP の機能、利点、一般的なユースケースについて学習します。また、FSx for ONTAP ストレージをデプロイする方法を学び、FSx for ONTAP で利用可能な価格、管理、 モニタリングのオプションについても学びます。 • コースレベル: 中級 • 所要時間: 1 時間 15 分 アクティビティ このコースには、対話型レッスン、デモンストレーション、ナレッジチェックの問題が含まれます。 コースの目標 このコースでは、次の内容を扱います。 • FSx for ONTAP を他の AWS ストレージ製品と差別化する利点と特徴を挙げる。 • FSx for ONTAP のユースケースを特定する。 • FSx for ONTAP デプロイの論理コンポーネントを特定する。 • FSx for ONTAP ストレージを作成する際のセキュリティ関連のオプションを示す。 • FSx for ONTAP のファイルシステム、ストレージ仮想マシン (SVM)、ボリュームを作成する。 • FSx for ONTAP の価格モデルを説明する。 • FSx for ONTAP にデータを移行する際のオプションを示す。 • FSx for ONTAP ストレージで収集された主要メトリクスを確認し、検証する。 コースの対象者 このコースは以下のような方を対象としています。 • クラウドアーキテクト • ストレージ・クラウドオペレーション管理者 前提条件 このコースを受講するにあたり、次の前提条件を満たしておくことをお勧めします。 • AWS とクラウドコンピューティングに関する一般的な知識 • Getting Started with AWS Storage」を修了する   コースの概要 セクション 1: 概要 • レッスン 1: このコースの受講方法 • レッスン 2: コースの概要 セクション 2: FSx for ONTAP 入門 • レッスン 3: FSx for ONTAP 入門 • レッスン 4: NetApp ONTAP の概要 • レッスン 5: FSx for ONTAP の概要 • レッスン 6: FSx for ONTAP: ユースケースとお客様 セクション 3: FSx for ONTAP の計画とデプロイ • レッスン 7: 計画とデプロイの概要 • レッスン 8: FSx for ONTAP デプロイの計画 • レッスン 9: FSx for ONTAP のデプロイ セクション 4: FSX for ONTAP デプロイ後の考慮事項 • レッスン 10: デプロイ後の考慮事項の概要 • レッスン 11: FSx for ONTAP の料金 • レッスン 12: データの移行、管理、モニタリング セクション 5: リソースとフィードバック • レッスン 13 : その他のリソース • レッスン 14 : フィードバック

Amazon FSx for NetApp ONTAP Primer (Japanese) (Sub) 日本語字幕版

Amazon FSx for NetApp ONTAP は、Amazon Web Services (AWS) クラウド内で、ONTAP の一般的な機能、データアクセスオプション、管理性能を備えたフルマネージド型共有ストレージを提供します。 このコースでは、FSx for ONTAP の機能、利点、一般的なユースケースについて学習します。また、FSx for ONTAP ストレージをデプロイする方法を学び、FSx for ONTAP で利用可能な価格、管理、 モニタリングのオプションについても学びます。 • コースレベル: 中級 • 所要時間: 1 時間 15 分 アクティビティ このコースには、対話型レッスン、デモンストレーション、ナレッジチェックの問題が含まれます。 コースの目標 このコースでは、次の内容を扱います。 • FSx for ONTAP を他の AWS ストレージ製品と差別化する利点と特徴を挙げる。 • FSx for ONTAP のユースケースを特定する。 • FSx for ONTAP デプロイの論理コンポーネントを特定する。 • FSx for ONTAP ストレージを作成する際のセキュリティ関連のオプションを示す。 • FSx for ONTAP のファイルシステム、ストレージ仮想マシン (SVM)、ボリュームを作成する。 • FSx for ONTAP の価格モデルを説明する。 • FSx for ONTAP にデータを移行する際のオプションを示す。 • FSx for ONTAP ストレージで収集された主要メトリクスを確認し、検証する。 コースの対象者 このコースは以下のような方を対象としています。 • クラウドアーキテクト • ストレージ・クラウドオペレーション管理者 前提条件 このコースを受講するにあたり、次の前提条件を満たしておくことをお勧めします。 • AWS とクラウドコンピューティングに関する一般的な知識 • Getting Started with AWS Storage」を修了する   コースの概要 セクション 1: 概要 • レッスン 1: このコースの受講方法 • レッスン 2: コースの概要 セクション 2: FSx for ONTAP 入門 • レッスン 3: FSx for ONTAP 入門 • レッスン 4: NetApp ONTAP の概要 • レッスン 5: FSx for ONTAP の概要 • レッスン 6: FSx for ONTAP: ユースケースとお客様 セクション 3: FSx for ONTAP の計画とデプロイ • レッスン 7: 計画とデプロイの概要 • レッスン 8: FSx for ONTAP デプロイの計画 • レッスン 9: FSx for ONTAP のデプロイ セクション 4: FSX for ONTAP デプロイ後の考慮事項 • レッスン 10: デプロイ後の考慮事項の概要 • レッスン 11: FSx for ONTAP の料金 • レッスン 12: データの移行、管理、モニタリング セクション 5: リソースとフィードバック • レッスン 13 : その他のリソース • レッスン 14 : フィードバック